×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


戻ります


平成21年4月25日(土) SL人吉・58654が帰ってきた



本運転まで約一ヶ月間の試運転を経て、平成17年(2005)8月以来、
約3年半ぶりに肥薩線・川線に「58654」が帰ってくる日が来ました。
(映像・YouTubeより「熊本駅での発車式」)
(写真・ミツセさん撮影−渡、球磨川第二橋梁にて)


当日、時間より30分近く人吉に到着できた為、
下りを撮る時間が作れました。
で、地元の人しか知らない「地点」で構えることに。


もともと「爆煙」を狙うって事は考えず、
先ずは、甦ったハチロクの元気な姿だけを見たい!というわけで、待っていると・・・。

甲高い3室階の汽笛を奏でて、軽快に走ってきました。


後ろには人吉カルチャーパレスという市の施設があるのですが、
ここで上り狙いのギャラリー達が一杯。(笑)


さて同日、私とともにやってきたミツセさんご一行と一緒になった後、
人吉駅の出発を見送ろうと言うことで、人吉駅に向かうことになりました。


クリックすると拡大写真が見られます。
人吉駅構内にある、嘗ての「機関区」。
この蒸機定期運転を機に、説明版が設置されるようになりました。

ただ、以前は構内に入ってハチロクを近くで写すことができたのですけど、
流石に「安全」を考えてか、柵が張られてまして・・。


続きます