×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


平成22年5月4日(火)


連休を利用して、久し振りにこちらにやってきました。

球磨川第一橋梁

明治41年(1908年)に竣工。アメリカ人技師クーパーとシュナイダーが設計し、アメリカン・ブリッジ社が製作した橋です。
嘗てはこの向こうにある荒瀬ダムが水を溜め、条件が良ければ「水鏡」が映る名所でしたが、
2010年2月にダム撤去の方針が決まり放水となって、このように本来の姿が現れ、
くっきりと「跡」が残ってます。
水鏡はなくなっても、ここを走る汽車の姿が画になることに代わりはありません。

新緑の中、甲高い汽笛を奏でてハチロクが橋を渡っていきます。

続いては、爆煙が拝める?一勝地駅へ。
地名の如く「勝ちますように」と、「勝利の験担ぎ」切符を昔から売っていることで知られます。
続いては「上り」を撮るべく、人吉カルチャーパレスへ。
丁度車も停めやすく、流し撮りにするなら良い場所であります。
シャッタースピードの設定を間違えて、上手く流れなかったのが残念。(^^ゞ
(よく見たらプログラムモードの連写でした。)
それでも良い位置には収められたかな?
今日も気持ちよく、「ハチロク」が熊本へと帰ります。


戻ります